SOUL CAST

思うままにはならぬ世の中



・本日の座員

立冬も過ぎて、初雪が今日か?明日か?というこの頃。
白髪甚五郎一座の面々も、
二度目の冬にむけて各々お気にの場所確保にとりかかっている。
まぁ、所詮、マイナスという外気を体験していない座員たちなので
家の中で、よりぬくぬく出来る処を見つけたいのだろう。


最近“エンピツ君”と呼ばれる、スリム・アテンは、
私の押入れの奥の畳んだ黒いパンツの上が定位置。
「丸顔可愛い〜〜!」と言われたばっかりに、
メタボをキープしつつある、どえん・コンスは、
ベッドの上で伸び伸び爆睡。
“眠らない男”の後姿モリクミ・トールは、
意外に神経質で、家の中をボヘミアンしている。


そんな座員たちが唯一集まる場所が
窓辺に置いたキャットタワー。
そこでみんなで仲良く外の風景を見ている、ほのぼのとした場面。
ただ、青年3匹が一斉に飛び乗ると、キャットタワーが
大きく揺らいでギシギシ音をたてるのが心配だが。




大丈夫だよ、2人だもん。
f:id:amazoo:20111105072158j:image


「鳥だね、兄さん」「そうだね、弟」
f:id:amazoo:20111105072209j:image








どぉーーん! グラグラグラ!







「問題はアイツなんだ」「そうだね、弟」
f:id:amazoo:20111105072317j:image