読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SOUL CAST

思うままにはならぬ世の中

息白き 青天の下 銀世界

f:id:amazoo:20170113224444j:image

 

雪は静かに降るものだ。

雪を纏って白樺のように白くなった木々が、朝日を受けて半分オレンジになっている。

長く鼻で呼吸をしていると、ギーンと鼻腔が痛くなる。頰の感覚が鈍くなる。

あぁ、北の街の冬だ。

冬ってのはこうだった、小さい頃から。

白くて冷たくて美しいのだ。